人妻の無料エロ動画 1,482 件

「主人には言っていません・・・。」元地方局勤務の人妻が応募!激しくしてほしいと願う人妻に容赦なく激ピストン! マ●コから溢れ飛ぶ愛液!床一面びしょ濡れになるほどの変態さ!【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 2155

本日の被写体は専業主婦の『れのさん』御年は28歳、いい年齢ですね。少女の若々しさから大人の魅惑と魅力溢れるちょうど境目、だと思っています(個人の感想)すでにご結婚されているそうで、めでたいようなちょっと悔しいような・・・!魅力的な女性は大抵気づいたときにはすでに結婚していますよね(個人の感想)旦那さんも素敵な人だと惚気てきやがります。夫婦仲も良好だそうで、さらにめでたいような悔しいような(個人の妬み嫉み)よくないですね。人の幸せは素直に喜びましょう。しかしここで疑問が一つ。傍から見たら順風満帆にしか見えないれのさん。なぜ今回AVに応募してくれたのでしょうか。なんでもAVは中学生の頃から見ていたという筋金入り。目的はもちろんオナニーです。れのさん自身は「一人でするため・・・。」と濁していましたけどね!まあ兎にも角にもAVには慣れ親しんでいたれのさん。私もやってみたいと思いつつも時機を逃していたそうです。ですが30歳も目前になった今、20代のうちにチャンレンジしないと!と思ったみたいです。AV業界、何歳でもウェルカムなんですけどね!このことは旦那さんは知っているんですか?と聞くと言っていないとのこと。まあ言いづらいですよね。と同調していると、「実は・・・。」とれのさん。なんでもAV出演の理由がもう一つあるそうです。それは「刺激が足りない・・・。」という切実な理由。れのさん自身はもっと変態的で熱烈的なSEXがお好きなようですが旦那さんは至ってノーマルだとか。精神的な満足感はあるものの肉体的にはムラムラが募るばかりのご様子。旦那さんにも伝えてはいるものの、なかなか難しいらしく・・・。それは余計旦那さんに伝えづらいですね・・・。我々が少しでもれのさんの欲求解消になるのなら・・・喜んでお手伝いさせていただきます!

17419回 2024/05/11
マジ軟派、初撮。 2032 スレンダー美脚で敏感なアイドルの卵を原宿でナンパ!AIグラビア顔負けの可愛いポーズにキュン死確定。恋愛禁止とか無理だから。思春期の性欲ナメんなよ!!

「 いいね と言うより、 なぜいいか を言え。具体的な褒め言葉が心に響く」という鉄則はナンパ界隈に身を置く者なら誰でも知っている。若い学生やギャルからバリキャリOLや人妻までどんな年齢の女性をナンパするにしても有効な歴代のナンパ師たちの経験に基づく汗と涙の結晶的な鉄則なのだ。今宵はモデルやタレントの卵や流行に敏感な若者たちで賑わう原宿でナンパを始めた。今日は、昨今大流行中のAIグラビアのパーツモデル探しというテイで声かけをすることにした。ぶっちゃけ、実在する生身の女とパコパコしたい自分は仮想的な存在でしかないAIグラビアなるものには詳しくないのだが。可愛い女とヤりまくりたいという欲で股間を膨らませつつ、必死に声かけをしていると、ふいに1人の女が足を止めてくれた。みりちゃん、20歳の学生らしく、透明感のあるぷるぷるの白肌が美しい。バイトしているガールズバーでも人気No1だとか。あどけない愛嬌ある笑顔は誰もが釘付けになってしまう。ミニスカートから見えるスレンダーな美脚は艶かしくエロスに満ち溢れている。インタビュールームに場所を移してA Iのパーツモデルの撮影をしているとやたらと可愛いポーズが上手い。理由を聞いてみると、アイドル研究会に所属しているアイドルの卵だと判明。恋愛禁止のため彼氏はいないらしいのだが、思春期の性欲には逆らえずちょいちょいワンナイトは楽しんでるんだとか。ポージングの角度によってちょいちょい見えるミニスカートの下の桃色パンティによっていよいよ性的衝動が抑えられなくなってきた。ボディタッチをしてみると満更でもなさそうな態度のみりちゃん。これは上手くゴリ押しすればイケる!!ディルドや電マを冗談交じりで使ってみると徐々に可愛い喘ぎ声が聞こえてくる。しめた!ってことでパンティをずらして中を覗いてみるとなんと現れたのはつるつるパイパンま●こ。しかも経験浅めの桃色。まじ最高!!ってことで興奮しつつ激ピスで責めまくるとスレンダーな美脚とクビレボディをくねらせ震わせつつイキまくり。めちゃくちゃ敏感体質だったみたい。出会って5時間以内で世間知らずのアイドルの卵をヒィヒィ言わせちゃいました。

8361回 2024/04/19
「旦那のより大きいです…」千葉県在住の人妻と禁断の不倫SEX!下品な音を立てて貪りフェラ&でかパイを揺らしながらの騎乗位に興奮しまくり!こんな人妻とヤリたい! 【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影 2134

「旦那に申し訳なくて外してきました」本来なら結婚指輪がされているであろう左手の薬指を見せながら、彼女は伏目がちに呟いた。千葉県在住の沙英子さん。結婚3年目の人妻だ。旦那さんは職場が都内で、毎日帰りも遅いらしい。「遊び相手が欲しいというより、上手な人としてみたくて」恥ずかしそうに呟く沙英子さん。旦那さんとはセックスレスということで、かなり欲求不満になっている様子。マッチングアプリをインストールしたこともあったが、関係が続いてしまうのが怖くなり誰とも会わずに終わったそうだ。そんな中、募集の広告を見つけて勇気を出して応募してきてくれた。ある程度の雑談を終え、優しくキスをする。服を脱がせると華麗な刺繍が施されたいやらしい下着が露わになった。「いつもこんな下着つけてるの?」「普段はもっと地味です。今日のために買いました」照れたように微笑む沙英子さんの胸をゆっくりと揉みしだくと、吐息混じりに小さく嬌声を上げた。そこから人妻のカラダを丁寧にまさぐっていく。どんどん自分の股間が熱くなるのを感じた。そして、パンパンに勃起したち○こを咥えさせると下品な音を立ててしゃぶりつきながら、彼女はモジモジと体をくねらせながら呟いた。「旦那のより、おっきい」そこから、背徳的なSEXはどんどん熱を帯びていく。ああ、人妻って本当に素晴らしいですね。

7802回 2024/04/01

最近検索されたワード

素人売上ランキング